2016年8月20日
シンスユー本部ブログ 32発目「押し売り」

とある居酒屋での出来事です…

大変活気があり~お客様にも親しまれているその居酒屋に…

「研修中」と言う札を付けている男性(BOY)が働いておりました

 

彼は…わたくしの席の担当なのか~

きびきびと的確にわたくしの席にオーダー品を運んでくれました

 

そして食事が進む中…~

上司が彼を指導しているところを目にしました

 

 

上司:

なんでもっとデカい声で「喜んで」が言えねんだよ!

 

 

 

その子:

はい!しいません!

 

 

 

その子は~その後

来店時やオーダーの時にお客様に「喜んで~!」と叫んでいましたが…

その声はやっぱり小さいものでした

 

 

 

上司は彼を捕まえ更に指導しておりましたが

顔からはすっかり笑顔は消えてしまいました

 

 

 

わたくしはルービー(ビール)のおかわりにその子(BOY)を呼びましたが…

顔は喜んでおりませんでした

 

わたくしは…店の方針での大きな声出しになんの意見も言うつもりはありませんが

なぜ?大きな声で言わなければならないのか?!

と言う意図や~経営者(創設者)の思いなどを伝えないといけないな~と

ベロベロになりながら思いました

 

 

帰り際に~

わたくしはその子に…声を掛けることにしました

 

 

わたくし:

ごちそう様~君かっこいいね~ホストやらない?

 

 

その子:

いえ!興味ありません

 

 

 

・・・

 

 

 

わたくしは心の中で叫びました!

もっとデカい声出せよ!

 

 

 

・・・

 

 

 

 

8月17日

シンスユー本店にて…「拓真社長バースデイ」が行われました

ラッソンの前のプチショータイムで店の熱気と活気…

そして溢れるかえる人で店のボルテージはMaxを向かえておりました

 

 

ゲストからは笑顔や笑い声や歓声が溢れ

キャストからはショータイムや司会(ヒカリ)などを盛り上げる歓声で大いにわいておりました

 

 

人間は…心から楽しいと自然に笑顔がこぼれ

活気に溢れると歓声がわきます

 

 

拓真社長と言う人柄もありますが

この誕生日を成功させるというスタッフを見ていて…

 

この様なお店を作り

お客様に心の底から楽しんでもらう事がわたくしたちの「使命」ではないかと感じました

 

 

 

システムで決まっている様な…サービスの押し売りではなく

一人一人が17日の様な心の底から笑顔溢れるサービスを提供できるように日々努力いたします

 

 

 

15103

こちらは~本店のトイレでございます

清潔で今までのホストクラブにはない可愛いトイレとなっております

 

 

 

 

15102

こちらは~本店の入り口とアホな部下になります

 

 

 

mautic is open source marketing automation