2016年3月29日
シンスユー本部ブログ 16発目「知識」

今から約70年前…

第二次世界大戦の真っ只中

ドイツ軍によって600万人の『ユダヤ人』が迫害を受けていました

 

その迫害は常軌を逸し…

現代社会では理解することが出来ないほど残酷なもです

 

では…何故?『ユダヤ人』がこのような迫害を受けたのか?!

皆様はご存じあるでしょうか?

 

 

今からご紹介する内容だけでは無いと思われますが

迫害をされた理由を少しだけご紹介致します

 

 

まず『ユダヤ人』と呼ばれる方たちは…

平均のIQ120とも言われています

そしてノーベル賞授賞者の約30%が『ユダヤ人』です

そして全世界の大富豪と呼ばれる人達のほとんどが…

これまた『ユダヤ人』です

 

何故?これほど『ユダヤ人』と呼ばれる人間が優秀で大富豪で頭が良いのか?

それは…

何よりも『本』を大切にしているからと言われています

それほど『ユダヤ人』にとって『本』が大切なのです

 

 

永きに渡り迫害を繰り返し受けてきた『ユダヤ人』の迫害の歴史は…

古くは出エジプトのモーセまでさかのぼります

モーセと言えば十戒が大変有名で紀元前の『旧約聖書』にて全てが集約されています

 

 

本日は『ユダヤ人』が残した『タルムード』と言われる『本』から『ユダヤ人』の大切な教えを簡単な言葉でご紹介いたします

 

 

★もし本と服を汚したならば

まず本から拭きなさい

 

 

★もし生活が苦しくて物を売らなくてはならなくなったのなら…

お金

宝石

土地

の順番で売りなさい

最後まで売ってはならないものが『本』である

 

 

★旅の途中…故郷の人々が知らない『本』と出会ったならば

必ずその『本』を買い求め故郷に持ち帰りなさい

 

 

★人が生きてる限り奪えないものがある

それは『知識』である

 

 

★なにも打つ手が無い時でも

たった一つだけ打つ手がある…それが『勇気』だ

 

 

★失敗を怖れる方が失敗を犯すより悪い

 

 

★もっとも大切なのは学習ではなく実行である

 

 

★相手の立場に立たないで相手を判断してはいけない

 

 

★金は道具である

道具に支配される者などこの世にいない

だから道具(金)はできるだけ多く持て

 

 

★金は本質以外のものならなんでも買える

 

 

 

最後に『ユダヤ人』の教えの中で興味深いものをご紹介いたします

 

『賢者になる7つの条件』

 

1:自分より賢い人がいたら沈黙

 

2:人の話の腰を折らない

 

3:答える時に慌てない

 

4:常に的を得た質問をして筋道の通る答えをする

 

5:まずしなければ行けないことから手をつけ

後回しにしていいものは後回しにする

 

6:自分が知らないときはそれを認める

 

7:真実を認める

 

 

大変簡単ではありましたが『ユダヤ人』の教えになります

 

そしてこの様な内容がこと細かく書かれた百科辞典が…

その昔から各家庭に何百冊と言う量の『本』が棚と言う棚にあったと言われています

この事を知ったその時代の人間達は『ユダヤ人』を怖れる様になり…

確実に『ユダヤ人』に支配されると思うようになりました

やがてその恐怖が迫害と言うものを産み出すのです

 

 

優秀過ぎた故の悲劇なのかも知れません

 

『ユダヤ人』は人が奪えないたった一つのものは『知識』と言っています

 

そして同時に…このような言葉も残しています

『私達は権威ある先代からの教えを学ばなくてはならないが

知識を背負ったロバになってはならない』

 

この言葉も大変に意味深い言葉だと思います

 

 

歌舞伎町のホストクラブで働く私達もこの『タルムード』から多くを学ぶことができるのでは無いでしょうか

 

『ユダヤ人』が何故?迫害を受けたのか?!

何故?『ユダヤ人』に大富豪が多くいるのか?

『ユダヤ人』は何故?頭がいいのか?

 

その謎は全て『タルムード』の教えにあったのかも知れません

 

 

 

近年の『ユダヤ人』の方々に『タルムード』について質問をすると…

口を揃えて『知らない』と言うそうです

 

この『タルムード』の教えは遺伝子と知識に刷り込まれ日頃の教えに組み込まれているそうです

 

知識は水に似ている

知識は上から下へしか流れる事はない

*タルードユダヤの教えより

 

 

mautic is open source marketing automation