2016年2月28日
シンスユー本部ブログ 13発目「人生」

歌舞伎町と言う町は日々変化している待ちです

 

変化する町に長く滞在する人間は本当に少ないと私は感じます

 

 

年々知り合いは減り…

 

新しい歌舞伎町が誕生します

 

古き良き時代と言う言葉もありますが…新宿歌舞伎町と言う町はそんな言葉が一番似合わないのかもしれません

 

人生の半数年以上を歌舞伎町で過ごして来た私が次の世代に伝えたい事…

 

 

それは人生に小さくても良いので目標を持ってほしいと言う事です

 

 

中には…人生の目標が見つからないと言う人や…

 

目標なんて意識もしていないと言う人も居るのではないでしょうか…?!

 

 

でもそんな時ってありますよね

 目標を持たずに人生を過ごす人はかなりの割合で多く存在するそうです

 特に平和な日本と言う国はとりわけ何かをやらなくてはならない!

 と言うことがない為目標を持たずに人生を終える人が多いようです

 

 

しかし…これは深い森で一人道に迷っているのと同じだと言うことに気が付かなければならないのです

 

 

色々な場面で『コンフォートゾーン』と言うよく使われるのをご存じでしょうか?!

 

聞いたことがある方も多いと思いますが…

 この『コンフォートゾーン』と言う言葉のは使い方はいろいろです

 今回の表現では『居心地が良い』と言う表現で使わせて頂きます

 

 

 

人は自分の『コンフォートゾーン』を毎日探して生きて行きます

 

 

 

この空間に居ると居心地が良い

 あなたと居ると居心地が良い

 人は居心地がよければそこに留まろうとする生き物なのです

 

 

おいおい~!

 人にとって居心地が良い『コンフォートゾーン』の何がいけないんだ?!

 と言う意見が聞こえて来そうですが

 この『コンフォートゾーン』に一度はまると人はなかなか抜け出す事ができなくなるのです

 

 

そして抜け出すことができない人の9割りの人が目標を持たずに人生を送っていると言う事実もあります

 

 

人は居心地の良い『コンフォートゾーン』を守ろうとします

 

『コンフォートゾーン』を犯す者を排除しょうと行動します

 

 

この行動はズバリ…変化を恐れていると言う行動です

 

ある社長が言いました…

 

変化は進歩です

 

進歩(成長)したいなら『そこ!』に留まるな…

 

あなたは『そこ!』の世界しか見ていない

 

世界にはもっと凄いもので溢れている…

 

だから進歩したいなら居心地の良い『コンフォートゾーン』を抜け出し自分を変化させなければならない

 

 

もっと分かりやすい例え話しを考えました

 

 

深い森で目標を持たずにさ迷う若者と…

 深い森で目標を掲げ突き進む若者がいます

 

 

この二人の若者はまったく違う人生を送ることになります

 どちらが幸せな人生なのかは人それぞれなので私にはわかりませんが

 皆さまはどの様に感じるのでしょうか

 

 

ある国で…

 目標を持たずに深い森をさ迷う若者がおりました

 やがてその若者は深い森の中で小さな洞窟を見つけたのです

 その洞窟には水がわき居心地も悪くはありませんでした

 若者はここにいるうちになんだか心地良くなって来ました

 そして50年の月日が流れ洞窟で幸せな人生に幕を閉じたのです

 

 

ある国で…

 

若者が深い森で暮らしておりました

 その若者には夢がありました

 若者は夢に向かって歩き出したのです

 目標を定めその目標に突き進みました

 目標はこの深い森を抜け出し町にでて大きな教会を作ることでした

 若者は寝ずに歩きました

 川を下り夜空で方角を確かめました

 

嵐の時も大雨の時も休むことはありませんでした…

 寝床は粗末な草の上で毎日夜空を眺めたのです

 それでも若者は苦痛ではありませんでした

 10年の月日が流れ

 若者は深い森から抜け出すことに成功したのです

 喜びもつかの間に若者は一緒に教会を建てる仲間を探しました

 若者は毎日毎日必死に働きました

 雨の日も風の日も休むことあありませんでした

 そんな若者の姿に心を打たれる人が一人また一人とやって来て

 若者の仲間は100人を越えました

 若者は更に目標に向かって突き進みました

 やがて若者の仲間は1000人を越えました

 そして若者が気付くともう40年の月日が流れていました

 

大きな教会は完成し仲間と完成を祝いました

 完成した大きな協会はは世界で一番大きな協会だったので大聖堂と呼ばれる様になりました

 

そして彼が人生を終えた日…大変多くの人が集まりました

 その大聖堂には彼の名前がつけられました

 

 

そして100…300年と月日が流れても

 彼が作った大聖堂は語り継がれることになりました

 

 

いかがでしたでしょうか?

 皆さまの目にはどちらが幸せなな人生に映ったのか?!

 

私にはわかりません…

 しかし人生が全く別の物語になったことはおわかり頂けたのではないでしょうか?

 

 

今は目標が無いけれども

 より良い人生を送るために目標が欲しいと言う方に

 目標を見いだすヒントをお教えします

 

 

まず自分自身を知る!と言うことをオススメ致します

 価値観を調べるのも良いかも知れません

 自分は何にお金を使うのか?

 自分は何が好きで何が嫌いなのか?

 どんな人に憧れるのか?

 どんなことにワクワクするのか?

 

 

そして自分自身の欲望を書き出してみてはいかがでしたでしょうか?

 どれくらいのお金が欲しいのか?

 どの様な生活レベルで人生を送りたいのか?

 何が欲しいのか?

 どこに行きたいのか?

 

やりたいことリストを作成するのも良いでしょう

 やりたいことリストは月でできることなのか?

 一年かかってしまうのか?

 十年かかってしまうのか?を

 

書き出して仕分けしてみて下さい

 

次にその欲望のおもむくまま行動を起こしてみましょう

 社会人と言うこともあり

 毎日遊んでばかりやりたいことばかりが出来ないのが現状だと思います

 だから毎日の時間や~

 せめて一週間に少しの時間で良いので目標を探す為に時間を注いで見てください

 

 

そして子供の頃の様に『先入観』を無くし心からチャレンジ(挑戦)してみて下さい

 

 

きっと人生をより良くしてくれる目標が見えてくるはずです

 わたくしも最近は先入観の固まりになってしまい考えが硬くなっているのを感じます

 

 

 

こんな時は…山手線にでも乗って『ぶらり途中下車の旅』にでも出ようかと思います

 

今日の気分は中目黒駅…(*綺麗なちゃんね~が多い街)

 

そしてぶらっと入ったお店でカッチカチに固まった先入観を今日は開放したいと思います

 

 

 

ボーイ:

 「いらっしゃいませいつもありがとうございます

 

本日もVIPスペシャルコースでよろしかったでしょうか?」

 

 

 

わたくし:

 

「いや…今日は自分の固定概念を開放しに来たんだよ…

 

そ~だな…この☆みどり先生の空組☆バブバブコースをお願いするよ…」

 

 

 

ボーイ:

 

「お目が高い!!!…かしこまりました

 

☆みどり先生の空組☆バブバブコース240分のフルオプションで受けたまわりました…」

 

 

 

中目黒のみどり先生(偽名):

 「あら!?久しぶり~今日は変わったコースを選んだのね~」

 

 

わたくし:

 「はい!先生!

 今日は取締役と言う肩書きを捨てて参りました!

 よろしくお願いします!」

 

 

中目黒のみどり先生(偽名):

 「あら!元気な坊やね!

 じゃまずはシャワー浴びまちゅよ~

 

 

わたくし:

 「はーい!あれれ?

 先生なんだから固定概念が無くなってカッチカチになってきたー!」

 

 

・・・・・・

 

 

 

皆さまも固定概念を無くし

 ぜひ何かにチャレンジ(挑戦)してみてください!

 必ず新しい世界があなたを待ってるはずです

 世界は本当に広い!

mautic is open source marketing automation